福祉用具を販売するお仕事について

日本の福祉を支える仕事は色々とありますが、その一つに福祉用具を販売するお仕事があります。
そのお仕事は福祉用具専門相談員という仕事で高齢の方が増える日本の社会ではその重要性は高まる一方となっています。
仕事内容は車椅子や電動モーターが付いている介護用ベッドの選定だったり、杖や椅子などの販売やレンタルなどがメインとなってきます。
ケアマネージャーなどがいる居宅介護支援事業所に営業をかけてそれらの、仕事を売り込む仕事もありますが、高齢者と直接話をする中でコミュニケーションが出来るのもそのお仕事の魅力です。
高齢者のために何か仕事がしたい方だったり、いろいろな機械ものを触ったり、新しい新商品の情報を知るのが好きな方には向いている仕事です。
ちなみに、お給料の面では努力次第によってかなり高給を得られる仕事でもあり、平均的な業界のお給料よりも高い報酬を得られるのも魅力となっています。
お金を稼げて高齢者の為に仕事をしたい方はその仕事もオススメです。