福祉のお仕事の種類やサービスについて

福祉のお仕事には、税金や保険料により支えられているとされる「公的な福祉サービス」とそれ以外の職場があります。
それ以外の職場を具体的に言うと、有料老人ホーム・高齢者住宅・専用機器販売・認可外保育施設・食事サービスや外出支援サービスなどの事業所が挙げられます。
また、食事サービスや外出支援サービスには仕事だけでなく、NPOや住民組織などによる「助け合い活動」などによるものもあるとされています。
直接行うと言われる対人サービスにおいては、高齢者・障害児や障害者・児童・生活困窮者などが対象とされ、福祉のお仕事の種類としては介護の仕事・保育の仕事・相談援助の仕事・看護やリハビリテーション関連の仕事・栄養士や調理関係の仕事・運営や管理関係の仕事があります。
また、これらには入所型や通所型や訪問型といった勤務形態があります。
訪問型という勤務形態の仕事をするのには、基本的に「ホームヘルパー」という資格が必要になります。